カスタム検索
2009年04月 アラウンド厄年オヤジのプチグルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1996 ショパン・グロフィエ

今や幻のワインの1つと言われる
1996 Clos Vougeot (Chopin Groffier)
1996 クロ・ヴージョ(ショパン グロフィエ)

96chopina.jpg

この作り手との出会いも1992のクロ・ヴージョが最初だった絵文字名を入力してください
あの瑞々しいピュアな果実味は今でも忘れられないうっとり
それから、すっかりこの作り手の虜になった私は、目にする度に購入し楽しませてもらったイエーイ Yeah  イエイ
残念ながら、1997ぐらいに引退したようで、市場ではほとんど見なくなり幻に近いワインになってしまった絵文字名を入力してくださいある意味、アンリ・ジャイエより稀少かも。。。。
1996のこのワインは、比較的イメージの「ピュア」というより「力強い」印象だった。
比較的、樽のロースト感が強いコーヒー系・チョコレート系の香りが強かった。
少し残念たはー
もちろんそれに見合った果実味はあるのだが、もう数年経てば、ステキな表情を見せてくれる事に期待し、Stocはもう少し熟成させる事にします藤やん

ショパン・グロフィエのワインはここにありました。ヴィンテージは違いますが、、、



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。