カスタム検索
未分類 アラウンド厄年オヤジのプチグルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1990 Clos Vougeot (Jean Jacques Confuron)
1990 クロ・ヴージョ(ジャン・ジャック コンフュロン)

cvjj90.jpg

イヤ~~ 美味かったですポッ完成されてます。
この作り手も本当にハズした記憶がありません。
よく出来ております。
ましてや1990は最高の凝縮した味わい。
香りも樽香がベリーと混ざり合ってウットリですうっとり

今度はトップキュベのロマネ・サン・ヴィヴァンを仕留めた~~イ藤やん



スポンサーサイト

1989 メオ・カミュゼ

1989 Nuits st Georges "Boudots" (meo camuzet)
1989 ニュイサンジョルジュ”ブド”(メオ カミュゼ)
meo_20090509114835.jpg

小生、何かの記念日、もしくはいい事があった時は、必ずメオ・カミュゼを空けるという、
勝手な風習があるうしし

と言うことで、昨日はとても大切な記念日だったので、空けちゃいましたピース

空けて注いだ瞬間から、深遠な香りが満開です。
DRCやルロワとはまた違う、しっとりベリーな感じですうっとり
ちょうど果実と樽香が溶け合ったぐらいです。20年もかかるのか~~~。
味わいはとても甘く、ややグリップは欠けるものの、とても大満足にっこり
贅沢言えば、ググッと舌の奥まで味が広がれば文句なしだが、それは上のキュベにお願いして。。。。

私の中では、ルジェより期待を裏切らないので、最高の作り手です藤やん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。